料理職人のレシピ

身を削りすぎないように、作業はゆっくり慎重に行ってください。

解凍してから使います。身を削りすぎないように広めにそいで下さい。

ひと手間加えることで、食べた時の歯触りが気になりません。炒め物や煮物の下準備に。

是非一度チャレンジ!お刺身・ボイル・バター焼きに使ってください。

頭のほうに身が残らないように取るのがポイント。ご家庭でもおろすことができます。

自分で調理したい方におすすめ。カキのおいしい時期に生ガキで食べたら最高ですよ。

ひと手間加えて下ごしらえ。大根おろしが細かい汚れや臭みを取ります。

天ぷら・フライ用に。ななめに切り込みを入れてからのばすのがポイント!

この処理を行うことで一段と皮目がおいしくいただけます。

さばいた後、かにの姿に盛りつけるときれいに仕上がります。